ばらつき考慮設計

先進テクノロジ・ノードにおけるプロセスのばらつきの問題は、IC設計者にとって重要な課題となっています。アナログ、RF、スタンダード・セル、IOおよびメモリの設計者に対し、効率的な信頼できるソリューションを提供する新世代のツールが求められています。こうした要望を満たすことのできるツールは、さまざまな目的に対応する各種解析機能を提供することにより、設計者が統計的な設計ばらつきを正確に処理し、設計に関する正しい判断を実際の設計に取り掛かる前に行うことを可能にするツールでなければなりません。また、使いやすいフレームワークを通じてデータをロードして統計的解析結果を表示でき、設計に関わる日常の業務をスムーズに遂行可能なツールである必要があります。このようなツールを利用できる設計環境では、設計に対するプロセスのばらつきの影響を把握して最適化する上で、設計者に統計学の専門家並みの知識が求められることはもはやありません。

Variation Manager

Variation Manager (VM)は、さまざまな目的に対応する各種解析機能を備えた新世代のツールです。このツールを活用することで、設計者は、統計的ばらつきを正確に把握し、設計段階において正しい対策を行うことができます。...

詳細

Library Variation Manager

先進テクノロジ・ノードでのプロセスばらつきの問題は、スタンダード・セル・ライブラリの設計において重要な課題となっています。Library Variation Manager (LibVar)は、そうした課題に対応できる新世代のツールです。

詳細