シルバコのSmartSpice™は、業界トップの精度を誇るハイパフォーマンスなSPICEシミュレータです。Smartspiceは、複雑で高精度なアナログ、ミックスド・シグナル回路、メモリ、カスタム・デジタル・デザインのシミュレーション、半導体の先端プロセスを使用したセル・ライブラリのキャラクタライズなどの広範囲な用途で実績のあるソリューションです。

プロモーション

お客様がSPICE関連の解析タスクについて、生産性を向上し、スループットを最大にすることができるよう、シルバコは期間限定で、10本~200本の、SmartSpice™パッケージを特別価格で提供します。

Season with SmartSpice

詳細をご希望の方は、担当営業またはお問い合わせよりお願いいたします。


SmartSpiceの動作

以下の多様なシルバコ・ツールと協調して動作します。
  • VarMan™によるハイ・シグマばらつき解析
  • Jivaro™の寄生素子のリダクションにより回路シミュレーションを高速化
  • InVar™によるIRドロップおよびエレクトロマイグレーション解析
  • Liberty Analyzer™によるスタンダード・セル・ライブラリの品質保証およびPVT補間コーナーの生成
  • Cello™およびViola™によるスタンダード・セル・ライブラリの作成、キャラクタライゼーション、最適化
  • Utmost IV™によるモデリングおよびデバイスのキャラクタライゼーション
  • Clever™による3次元構造のRC寄生抽出

クラウドまたはサーバ・ファーム

おもな特長

  • バイポーラやCMOSなどの従来のテクノロジのほか、TFT、OTFT、SOI、HBT、FRAM、FinFETなど先進のテクノロジを数多くサポートするSPICEモデル群
  • アナログ・ビヘイビア機能の拡張を備えたVerilog-Aベースのオープンなモデル開発およびデバッグ環境
  • ユニークなRubberband機能により、モデル・パラメータ、インスタンス・パラメータ、およびユーザ定義のパラメータを変更し、シミュレーションがリアルタイムに変化する様子を、SmartView™でインタラクティブに可視化
  • 全てのモデルにおいて、先進の収束アルゴリズム、温度依存性、モンテカルロ・シミュレーションをサポート
  • バッチモードおよびインタラクティブ・モードの他、Gateway スケマティック・エディタから直接実行可能
  • 64-bitのCPUを複数使用した並列シミュレーションにより、ほぼリニアな高速化を実現
  • ナノメータ・スケール設計のためのSEE (シングル・イベント効果) 信頼性解析を実行可能