SILVACOの創業者兼社長、アイヴァン・ペシック逝去

米国カリフォルニア州サンタクララ発 - 2012年10月22日

SILVACOの創業者で社長兼CEOのDr. アイヴァン・ペシックは、享年61歳で逝去いたしました。かねてよりガン闘病中でしたが、治療の甲斐もむなしく、この10月に病に屈しました。彼は家族である妻Kathy、長女Yelena、長男Iliyaにより支えられてきました。SILVACOの取締役会長には、長男のIliyaが就任いたします。Dr. ペシックの長年のスタッフでありこれまでCOOを務めてきたDavid HallidayがCEOとなります。

Iliya Pesic氏は、サンタクララ大学において電気工学分野の理学士号を取得し、仙台の東北大学でフラッシュ・メモリの発明者である枡岡富士雄教授のもと、電子工学分野の理学修士号を取得しています。SILVACOの取締役会長就任以前は、長年にわたりTCAD、半導体、MEMS、バイオメディカル分野で経験を積み、最近では、半導体製造会社でシニア・プロセス・エンジニアを務めていました。

David Halliday氏は、大規模ソフトウェア・プロジェクトの管理設計を専門とするコンピュータ・サイエンス分野において修士号を取得しています。SILVACOにおける20年を超える経験の中で、ソフトウェア開発全般、標準化、品質管理、リリース・サイクルの管理など、全面的に責任者としての役割を果たしてきました。長期にわたり実務的なCOOを務め、この数ヶ月はDr. ペシックの直近でCEOの職務の引継ぎを行ってきました。

SILVACOは6カ国で優秀な従業員を有する企業として成長してきました。EDA業界では堅実な実績を誇り、また、収益性の高いTCAD市場では、主力ベンダとして提供するプロセス・シミュレーションおよびデバイス・シミュレーションのソフトウェアは業界標準とされています。

SILVACOは堅実な財政を誇り、そのマネジメント・チームは、Dr. ペシックの広範なEDA/TCAD市場において主力企業になるというビジョンを実行し達成するという意思を継承しています。

David Hallidayは声明の中で次のように述べています。「アイヴァン・ペシックが亡くなったことで、シリコン・バレーとEDA業界は、偉大なリーダーを失いました。私たちは、大変な時期にあるご家族に深いお悔やみを申し上げます。彼の行動力、リーダーシップならびに常に最高を目指すあくなき追求は、他に類を見ないものであり、電子工業界に深い足跡を残すこととなるでしょう。」

概要: SILVACO, Inc.

SILVACO, Inc.は、TCAD、回路シミュレーション、およびIC CADソフトウェア・ツールのリーディング・ベンダです。SILVACOのツールは、ファウンドリにおける半導体プロセスの開発や、デザイン・ハウスにおけるアナログ/ミックスド・シグナル/RF ICの設計に使用されています。SILVACOが提供するPDKベースの統合設計フローは、他社製設計プラットフォームとのインタフェースを備えています。SILVACOは、世界中の主要地域に事業拠点を構え、グローバルなプレゼンスを有しています。

概要: 株式会社シルバコ・ジャパン

株式会社シルバコ・ジャパン(http://www.silvaco.co.jp/)は、1989年に現在のSILVACO, Inc. (米国)の日本支社として設立、1995年に日本法人として登記されました。 シルバコ・ジャパンは、日本のTCADおよびEDAソフトウェア業界におけるリーディング・カンパニーを目指し、技術サポート体制と営業の強化、研究開発環境の構築と拡充に全力をあげています。事業拠点を横浜本社および京都オフィスに構え、充実したサービスを展開しています。

本件に関してのお問い合わせ:
jppress@silvaco.com