シルバコ、Mounir Hahadをエンジニアリング部門のVPとして任命

米国カリフォルニア州サンタクララ発 - 2014年1月30日

TCADおよびEDAツールのリーディング・ベンダであるSilvaco, Inc.(本社: 米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: デイビット・ハリデー、以下シルバコ)は本日、Dr. Mounir Hahadがエンジニアリング部門のVPとして入社したことを発表しました。

Dr. Hahadは1995年から2001年まで、シルバコの高性能コンピューティング・グループのマネージャーを務めました。その後、革新的なオンライン・ライセンスでEDAソフトウェアを提供するe*ECAD社のエンジニアリング部門VPに就任しました。2005年から2013年までは、アイアンポート・システムズ社および買収後のシスコシステムズ社にて様々な役割を果たしました。シスコ社では、製品開発グループのリーダーとして、EメールやWebセキュリティからリモート・アクセス、統合脅威管理デバイスに渡る幅広いセキュリティ関連商品を市場に提供してきました。

「私共は、EDAおよびTCAD市場におけるシルバコの成長を加速すべく取り組んでまいりました」とシルバコのCEOであるDavid Hallidayは述べています。「Dr. Hahadが最高品質の製品を提供してきたことは、シスコ社や以前の当社在職時の実績により証明されています。彼の確固たる技術力、専門知識の深さやリーダーシップは、現在成長段階にある当社にとって非常に貴重な財産となります。彼の就任により、私共の取り組みは実行力を増しさらなる高みへと向かうでしょう。」

「シルバコで再び働くことに深い感慨を覚えます」とDr. Hahadは述べています。「昨年からシルバコに起きている変革は驚くべきものです。シルバコは、常に大きな可能性を持ち続けてきましたが、新しいマネジメント・チームにより、事業は次のレベルへと進むでしょう。これにより、世界規模の技術チームを活用して、製品革新を推進し、品質と開発マネジメントを強化することが可能となります。シルバコはこれからも常にお客様を第一に考え、パートナーとして、お客様の抱えている最も差し迫った事業的、技術的課題をタイムリーに解決してまいります。」

概要:Silvaco, Inc.

米国Silvaco, Inc.は、TCAD、回路シミュレーション、およびIC CADツールのリーディング・ベンダです。シルバコのツールは、ファウンドリにおけるプロセス技術の開発や、デザイン・ハウスにおけるアナログ/ミックスド・シグナル/RF IC設計に使用されています。シルバコが提供するPDKベースの統合設計フローは、他社製設計ツールとのインタフェースを備えています。シルバコは、世界中の主要地域に事業拠点を構え、グローバルなプレゼンスを有しています。
www.silvaco.com

概要:株式会社シルバコ・ジャパン

株式会社シルバコ・ジャパンは、1989年に現在のSilvaco, Inc.の日本支社として設立、1995年に日本法人として登記されました。シルバコ・ジャパンは、日本のTCADおよびEDAソフトウェア業界におけるトップ・カンパニーを目指し、技術サポートと営業の強化、研究開発環境の拡充に全力をあげています。事業拠点を横浜本社および京都オフィスに構え、充実したサービスを展開しています。
www.silvaco.co.jp

本件に関してのお問い合わせ:
jppress@silvaco.com