シルバコ、中国に新たな事業所を開設し、アジアでのビジネスを拡大

上海に販売サポート・センターを開設

米国カリフォルニア州サンタクララ発 ― 2016年5月24日

プロセス・デバイス技術の開発や、アナログ/ミックスド・シグナル、パワーIC、メモリ設計向けEDAソフトウェアのリーディング・プロバイダであるSilvaco, Inc.(以下「シルバコ」)は、中国の上海に新たな販売サポート・センターを開設しました。上海ワールド・フィナンシャル・センターおよび上海証券取引所のある浦東新区に位置するこの事業所は、中国で急増する顧客をサポートする中核拠点となります。

シルバコのTCADツール、SPICEシミュレータ、およびフルカスタム設計ツールは、アナログ、ミックスド・シグナル、パワーIC、RF設計に携わるファブレス企業、およびプロセス技術開発を加速させている半導体製造企業によって利用されています。iPDK対応のフルカスタム設計ツールには、回路図入力、レイアウト、DRC/LVS、寄生RC抽出などがあります。またデバイス・レベルでのエージングや熱解析といった信頼性ソリューション、回路レベルでのEM/IR、シングル・イベント・アップセット解析のための耐放射線解析などが可能です。

「TCAD-to-signoffソリューションにおける世界のリーダーとして、デザイン・ハウスやファンドリ、特にフラットパネル・ディスプレイとパワー半導体分野において、顧客と密接に協力し、これからの技術課題に対してソリューションを提供することが我々にとって不可欠です」とシルバコの最高経営責任者、David L. Duttonは述べています。「今回の拠点拡大は、今後ますます大きくなる中国市場で、顧客のより親密なパートナーとなることを目的としており、シルバコのグローバル成長戦略の重要な施策です。」

「シルバコ・チャイナの上海事業所により、中国において当社製品をさらに高いレベルでサポートできるようになります」とシルバコ・チャイナのジェネラルマネージャ、Sharon Fangは述べています。「シルバコのユニークな機能はIoTプロセスノードに最適であり、中国市場にリーズナブルなソリューションを提供します。また、先端プロセスノード設計への新製品や機能は、急成長する中国ファウンドリに画期的なソリューションを提供するでしょう。」

概要:Silvaco, Inc.

Silvaco, Inc.は、TCAD、EDAソフトウェアのリーディング・プロバイダです。プロセス/デバイス・シミュレータや、アナログ/ミックスド・シグナルIC、パワーIC、メモリなどの設計自動化ツールを提供しています。また、Silvacoは、TCADからサインオフまでの完全な開発設計フローをカバーする製品ラインナップを半導体企業に提供します。ディスプレイ、パワー・エレクトロニクス、光学デバイス向けシミュレーションや、放射線の影響やソフトエラーに対する信頼性検証、先端CMOSプロセスやIP開発向けシミュレーションなど、幅広い用途に対応できるさまざまな製品を取り扱っています。Silvacoはこれまで30年以上にわたり、お客様がコストを削減して市場投入までの時間を最短化し、競争力のある製品を開発することに貢献してきました。Silvacoは米カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、北米、ヨーロッパ、日本を含むアジア各地に事業拠点を構えており、今後も世界中のお客様に優れた製品とサポートを提供してまいります。
www.silvaco.com

本件に関してのお問い合わせ:
jppress@silvaco.com