Samsung Foundry、半導体IPの販売でシルバコと提携開始

米国カリフォルニア州サンタクララ発 - 2019年5月13日

EDAソフトウェアおよび設計IPのリーディング・サプライヤであるSilvaco Inc., (以下、シルバコ) は、本日、Samsung Foundryの半導体設計IPの販売、ライセンス提供、そしてサポートを開始することを発表しました。製品実績のあるSamsungの設計IPは、既存のシルバコSIPware™ IP製品およびソリューション (車載、コンシューマおよびIoT/センサ・アプリケーション向けの組込みプロセッサ、有線インタフェース、バス・ファブリック、周辺コントローラなど) を補完します。現在14nmプロセス・ノードに対応したハード設計IPを提供しており、今後11nm、10nmおよび8nmの先端テクノロジ・ノード、そして28nmなどの成熟したプレーナ技術に拡張される予定です。

「我々は、コンシューマ、モバイルおよびHPCといった様々なアプリケーションの要件を確認してから、有線、高速インタフェース、アナログおよびミックスド・シグナル・ブロック、そして高度なセキュリティ・ハード/ソフト・コアを含む統合的な設計IP群を作成しました。」とSamsung ElectronicsのExecutive Vice President of Design Platform Development TeamであるJaehong Park氏 は述べています。「我々は、シルバコとの連携を通じて、Samsungの実績あるIPを世界中のSoCエンジニアにお届けしていきます。」

「設計IPは、シルバコのビジネスで最も成長著しい分野で、2018年には50%の売上成長が見られました。」とシルバコのCTO兼EVP of ProductsであるBabak Taheriは述べています。「Samsung Foundryとの提携により成長を加速し、Samsung Foundryの実績あるIPを世界中のSoC設計チームに届け、サポートできると期待しています。シルバコには、これまで複数のTier 1 IP半導体企業との、確かな実績があり、それら企業の資産をIPとして公開し、市場に提供しています。我々は、シルバコがSamsung Foundryの先進IPを提供する、信頼されるパートナであることを喜ばしく思います。現在そして将来のテクノロジ・ノードにおいて業界を代表するファウンドリとの提携を拡大していくことを楽しみにしています。」

販売開始時期
Samsung Foundryのハードおよびソフト設計IPは、2019年6月よりシルバコから販売されます。詳細についてはIP@silvaco.comをご覧ください。

Samsung Foundry Forum 2019
5月14日にカリフォルニア州サンタクララで4回目の開催となるSamsung Foundry Forumでは、Samsung Foundryと業界のエキスパートが、プロセス・テクノロジ、パッケージング技術、IPおよび設計ソリューション、そして設計サービスの最新技術革新を共有します。シルバコの技術者は、午後5:30から7:00にSamsung Partner Pavilionで行われるネットワーキング・レセプションで、SIPware™ IP製品についてお話しします。

概要:Silvaco, Inc.

Silvaco Inc.は、EDAツールおよび半導体IPのリーディング・プロバイダです。先端半導体、パワーIC、ディスプレイ、メモリなどのプロセス開発やデバイス設計に使用される製品を提供しています。Silvacoは、これまで30年以上にわたり、お客様の次世代半導体製品開発において、期間短縮とコスト削減に貢献してきました。Silvacoは、世界的に高まるモバイル・インテリジェント・コンピューティングへの要求に応える、革新的でスマートなシリコン・ソリューションを提供するテクノロジ・カンパニーです。米カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、北米、ヨーロッパ、日本およびアジアの世界各地に事業拠点を構えています。

本件に関してのお問い合わせ:
jppress@silvaco.com