MEDIA ALERT: シルバコ、IEDM 2019に出展、原子レベル・シミュレーションに関する招待論文を発表

米国カリフォルニア州サンタクララ発 - 12月2日

半導体および電子システムの設計分野にスマート・ソフトウェア、IP、サービスを提供する世界的リーダであるSilvaco Inc. (以下シルバコ) は、本日、International Electron Devices Meeting (IEDM) に出展することを発表しました。シルバコは、半導体デバイスのTCADソリューションを展示し、原子レベル・シミュレーションに関する招待論文を発表します。

技術論文発表日時
12/10(火)午後3:10、セッション24.3

出展時間
12/9(月): 午後12:00 – 午後4:00
12/10(火): 午前8:00 – 午後4:00
12/11(水): 午前8:00 – 午後12:00

開催地: ヒルトン・サンフランシスコ・ユニオンスクエア (333 O’Farrell St., San Francisco, CA)、Continental Ballroom

内容:
CEA Letiに以前在籍し、現在はシルバコ・フランスで原子レベルTCADのシニア・アプリケーション・エンジニアであるPhilippe Blaiseが、招待論文“Ab initio Simulation of Advanced Materials and Devices: Current Challenges”を発表します。原子レベル・シミュレーション・ツールの半導体解析への導入について考察し、電子デバイスの変化と原子レベル・モデリングとの強い関連性を含め、原子レベル・ツール使用の最も有望な戦略について説明します。強誘電体層および抵抗変化型メモリ (ReRAM) のシミュレーションを例として示します。

展示エリアのシルバコ・ブースでは、以下のご紹介を行います。
  • TCADを使用したパワー・エレクトロニクスの同時最適化
  • Victory Process 3Dを使用したフレキシブルなサブストレートの3次元応力シミュレーション
  • Victory Device 3Dを使用した3D NANDメモリのセレクト・ゲート最適化
  • Victory Atomisticを使用したシリコン・ナノワイヤ・デバイスのシミュレーション 

概要:Silvaco, Inc.

Silvaco Inc.は、EDAツールおよび半導体IPのリーディング・プロバイダです。先端半導体、パワーIC、ディスプレイ、メモリなどのプロセス開発やデバイス設計に使用される製品を提供しています。Silvacoは、これまで30年以上にわたり、お客様の次世代半導体製品開発において、期間短縮とコスト削減に貢献してきました。Silvacoは、世界的に高まるモバイル・インテリジェント・コンピューティングへの要求に応える革新的でスマートなシリコン・ソリューションを提供するテクノロジ・カンパニーです。米カリフォルニア州サンタクララに本社を置き、北米、ヨーロッパ、日本およびアジアの世界各地に事業拠点を構えています。

本件に関してのお問い合わせ:
jppress@silvaco.com