DRC/LVS/NET物理検証ツール

Guardian™は、アナログ/デジタル/ミックスド・シグナルIC向けの物理検証ツールです。DRC(デザイン・ルール・チェック)、ネットリスト抽出、LVS(レイアウト対スケマティック)比較など、多岐にわたる機能を搭載しています。大規模な階層的デザインに対するマルチスレッド対応のバッチ処理により、優れたパフォーマンスを実現でき、複雑な形状を高精度に解析可能です。また、デザインのインタラクティブな検証を迅速に実行し、直感的なデバッグが可能な環境を提供するので、生産性の大幅な向上を実現できます。

はじめに

デザインが一層複雑となり、プロセス形状のさらなる縮小も続く今日では、生産性向上に大きく貢献する物理検証環境の必要性がますます高まっています。このような環境には、ルール・ファイル/テクノロジ・ファイルを素早く設定できること、デザイン入力から検証までのデータ・フローの効率化を実現できること、および大規模な階層的デザインを短時間で処理できる機能と性能を持つ検証ツールを使用できることが求められます。また、必要なデザイン情報がツール画面にわかりやすく表示されること、データを視覚化により直感的に確認できること、および特定したエラーに対し素早くデバッグを実行して解消できることも必要です。形状依存SPICEパラメータを正確に計算する機能や、複雑な形状と任意の角度のオブジェクトを高精度で処理できる機能も欠かせません。今日の検証環境に求められる要件は、ますます増加しています。

Guardianは、そうした一連の要件を満たす独自のさまざまな機能を備えています。マルチスレッド処理の活用、レイヤ演算の最適化、メモリ管理の効率化、および高度なアルゴリズムの使用により、Guardianは極めて高いパフォーマンスを実現することができます。Guardianの特長の1つは、Expertレイアウト・エディタとの緊密な統合です。この統合により、デザイン上の問題やデザイン・ルール違反をピンポイントで指定して視覚化できるので、それらの解消に向け素早く対応することができます。また、Guardianは最終シミュレーションに使用できるネットリストをレイアウトから抽出する機能を搭載しているため、スケマティック、論理ネットリスト、レイアウト、および物理ネットリスト間の相互比較を効果的に行うことができます。

高いパフォーマンスと生産性の向上、そして高精度解析を実現できるGuardianは、今日の複雑なアナログ/ミックスド・シグナル回路の物理検証に求められている数々の困難な要件を満たす検証ツールです。

おもな特長

DRC
  • 大規模な階層的デザインに対するハイパフォーマンスのバッチ処理
  • 視覚情報と文字情報による分かりやすいDRCエラー・レポートは、新規ユーザにも熟練ユーザにも直感的に理解可能
  • 階層型のDRCエラー・レポート機能による、レイアウト・デバッグ効率の向上
  • 接続性ベースのDRC機能(アンテナ・ルール・チェック機能など)
  • 90°、45°および任意の角度のオブジェクトをサポート(精度における妥協なし)
  • マルチスレッドDRCによるパフォーマンスとキャパシティの飛躍的な向上
LVS
  • 階層LVSの実行により、大規模回路の検証および処理時間・メモリ使用量・LVSエラー件数の削減が可能
  • 直感的でわかりやすい階層LVSレポートを使用したデバッグ
  • Expert/Gatewayとの統合によるレイアウト-スケマティック間でのエラーのクロスプロービング
  • LVL検証(レイアウトの比較検証)を実行可能
  • サブサーキット用ブラックボックス・オプションにより、階層モードでのインクリメンタルLVS比較と、最上位レベルの検証済みデザインへのIPブロックの容易なインクルードを実現
  • LVSトレース中、汎用デバイス(トランジスタ、ダイオード、抵抗、キャパシタなど)、ユーザ定義デバイス、ブラックボックス・サブサーキットを正確に識別
ネットリスト抽出
  • あらゆる半導体プロセスに対して抜群のパフォーマンスを誇る、効率的なフルチップ・レイアウト・ネットリスト抽出
  • 階層エンジンによりデザイン階層がネットリスト内で保持されるため、スムーズな解析を実現
  • 使い勝手のよいフィルタリング・オプションを使用したERC違反(ショート、オープン、ダングル、適切に接続されていないデバイス)の検出が可能
  • 応力効果およびウェル近接効果に対応したパラメータ抽出が可能
  • アナログ設計で重要なジオメトリ依存SPICEパラメータを、デフォルトまたはユーザ定義の方程式を使用して高精度に計算
  • デバイス作成に用いられる任意のポリゴン形状、およびあらゆる種類のスタンダード・デバイス(MOSFET、BJT、MESFET、JFET、キャパシタ、抵抗、ダイオードなど)を処理可能

メリット

  • 大幅な生産性向上を実現できる物理検証環境
  • Expertとの統合によりDRCエラーを迅速に解消可能
  • 極めて大規模なデザインでも短時間で検証可能

おもな用途

  • アナログ/デジタル/ミックスド・シグナル/RFなど

技術仕様

  • シルバコのExpertレイアウト・エディタおよびGatewayスケマティック・エディタとの統合
  • Guardianでサポートされる入力ファイル: DRC/LVS/LPEルール・ファイル、GDSII、OASIS、SPICEネットリスト(フラット型または階層型)
  • Guardianで出力可能なネットリスト・フォーマット: 階層DRC/LVS/NETエラー・レポート、抽出されたレイアウトのSPICEネットリスト
  • 各種PDKに対応し、さまざまな半導体プロセス・テクノロジを幅広くサポート