CatalystDA

Verilogネットリスト/SPICEネットリスト・コンバータ

Catalyst DA™は、Verilogネットリストを同等のSPICE形式ネットリストに変換するソフトウェア・プログラムです。SPICEネットリストはレイアウト検証またはSPICEシミュレーションに使用できます。

主な特長

  • Verilog構造記述からSPICEネットリストを生成するための自動ソリューションを提供
  • IEEE 1364-2001に準拠したVerilog入力ファイルに対応
  • Calibre拡張SPICE形式および標準SPICE形式のネットリストを生成
  • Verilogソース・ファイルのシンタックスおよび構文チェックを実行
  • モジュール定義の一部が不足している場合でもVerilogネットリストの部分変換を実行可能
  • SPICE電源およびグラウンド・ネットを自動生成/接続
  • 数百万ゲートのVerilogネットリストを処理可能
  • Catalyst DAとGuardian LVSを併用して、完全なレイアウト検証ソリューションを提供
  • お客様とサード・パーティ企業の大切な知的財産を守る、シルバコの強力な暗号化技術を利用可能

特徴

  • コマンド・オプションをオプション・ファイルに統合することにより、再利用が容易になりプロジェクト管理が効率化
  • 電源およびグラウンド・ネットのフレキシブルな命名オプション
  • プリミティブ・ゲート命名オプションにより、名前の矛盾を解決
  • サブサーキット定義に新規のピンを追加可能

入力例:

module top();
supply1 PWR; 
supply0 GND; 
wire [0:1] w1; 
wire a,b,c; 
A inst1( 2’b10, w1 ); 
and inst2(a, b, c);
endmodule 

module A( in1, out1 ); 
input [0:1] in1; 
output [0:1] out1; 
endmodule

出力例:

.SUBCKT top
Xinst1 PWR GND w1[0] w1[1] A 
Xinst2 a b c and 
.ENDS

.GLOBAL GND 
.GLOBAL PWR 

.SUBCKT A in1[0] in1[1] out1[0] out1[1]
.ENDS

Catalyst DAの入力/出力

Rev.042513_04