インタラクティブ・デッキ開発およびランタイム環境

DeckBuild™には、シルバコのすべてのTCAD製品を実行できる、グラフィカルなインタフェースが採用されています。DeckBuildは、シミュレーション用インプット・デッキの生成、編集、実行に使用できます。

はじめに

DeckBuildには、機能を徹底的に見直しスクラッチから設計された、最先端のデザインと使用感を実現した新しいグラフィカル・ユーザ・インタフェース(GUI)が採用されています。

DeckBuildは、インタラクティブなプログラム実行と入力ファイルの開発環境であり、シルバコのすべてのTCAD製品および一部のEDA製品を実行可能です。DeckBuildは、パワフルなデータ抽出コマンド、GUIベースのプロセス・ファイル入力、ラインごとのランタイム実行、入力ファイルの直感的なエラーメッセージなど、数多くのシミュレータ固有および汎用のデバッグ・スタイル機能を搭載しています。また、DeckBuildには、数百に及ぶ例題を集めた入力ファイルのライブラリが用意されています。 さまざまなテクノロジや材料をカバーする例題を利用できるので、ユーザは生産性を素早く向上することが可能です。

おもな特長

  • GUIベースによる、AthenaおよびVictory Processの2次元プロセス・シミュレーション用入力ファイルの自動生成
  • 抽出されたパラメータ、定義された変数、シミュレーションで生成されたあらゆるファイルを追跡可能
  • シミュレーション・デッキをシングルステップで実行可能
  • デッキの実行を一時的に中止する停止点を任意の数だけ設定可能
  • 強力なシンタックス・ハイライト機能を搭載しステートメントを強調表示(変数定義のパラメータ抽出など)
  • インプット・デッキのすべての実数値パラメータを最適化可能

メリット

  • デッキ生成機能により、Athena/Victory Processをすぐに開始可能
  • 500件を超える例題を集めた大規模ライブラリを利用可能

おもな用途

  • Cleverなどの多くのシルバコのEDA製品と同様に、TCADプロセス/デバイス用入力ファイルを生成、実行、デバッグ
  • 標準CMOSからその他のさまざまなテクノロジ(III-V VCSELSや有機材料から作成したデバイスなど)までをカバーする、500件を超える例題を集めた大規模ライブラリから例題ファイルを読み込み実行
  • シルバコ標準フォーマットのストラクチャ・ファイルを渡すことにより、異なるシミュレータの入力ファイルをシームレスに結合

技術仕様

  • 高度なデッキ編集機能を搭載
  • シミュレーションの抽出結果とストラクチャ・ファイルを表示可能