3次元インタラクティブ・ビジュアライゼーション・ツール

TonyPlot 3D™は、シルバコのTCADシミュレータおよび3次元フィールド・ソルバ・ベースの寄生素子抽出ツールによって生成された3次元データを表示できる、強力なビジュアライゼーション・ツールです。

はじめに

3次元インタラクティブ・ビジュアライゼーション・ツールは、シミュレーション結果を迅速に解釈して有意義なレポートを素早く作成するために開発された、技術者のためのツールです。

直感的な操作で使用できるようにデザインされたTonyPlot 3Dは、シルバコの3次元TCADシミュレータや3D寄生素子抽出ツールにより生成されたデータを、鮮明な3次元グラフィックで表示することができます。TonyPlot 3Dでは、領域(Region)、等高線(Contour)、等値面(IsoSurface)、レイ(Ray)、ベクトル(Vector)のそれぞれに対して、表示モードを提供します。

おもな特長

  • Atlas 3D、Victory Processやシルバコの3次元寄生素子抽出ツール用に鮮明な3次元画像を提供
  • 直感的なマウス操作でグラフィック回転やズームイン/ズームアウトが可能
  • 3次元構造内部のあらゆるポイントをマウス操作でプローブ可能
  • シミュレートされた変数のコンター図および等値面をプロット
  • カットプレーン機能により2次元断面を生成

メリット

  • シルバコの3次元TCADシミュレータや3D寄生素子抽出ツールにより生成された構造データを、鮮明なグラフィックで表示して解析することが可能

おもな用途

narrow-n チャンネルMOS
3次元FinFET
TonyPlot 3Dでは、マウスを直感的に操作することにより任意の軸(x, y, z)を中心としたグラフィック回転、再配置、ズームイン/ズームアウトが可能です。
TonyPlot 3DによるFinFET 3次元構造内部の等値面プロットです。 透明化したポリやゲート酸化膜領域の中に電子密度を表示しています。

技術仕様

  • シルバコのあらゆる3D構造ファイルを表示可能