Webinar Banner

ビデオアーカイブのオンデマンド配信

高速インタフェース・デザインの成功事例

配信開始日:

本ウェビナーでは、最新SoCにおける高速インタフェース・デザイン開発に関連する課題およびソリューションについて説明します。最近の半導体プロセス・テクノロジの飛躍的進歩により、スマート・シティ、AI/ML、自動運転などの用途において、集積度が高く、高速で、消費電力の小さい効率的なチップへの扉を開く、超高速インタフェースの開発が可能になりました。過去15年間、高速および広帯域のメモリ、超高速インタフェースを実現する中で、大きな進歩がありました。高速なメモリおよびインターコネクト向けに実績のあるシルバコのデザインIP は、これらの進歩に対応しています。

内容:

  • 高速インタフェースの開発における重要な課題
  • SoC向け高速インタフェース・デザインの成功事例
  • シルバコの提供する強力なIP製品

プレゼンタ:

Ahmad S. Mazumderは、シルバコIP Business UnitのPrincipal Field Application Engineerです。アナログおよびインタフェースIPすべての開発およびカスタマー・サポートを取りまとめています。高速メモリ、インタフェースIP、各種アナログIPの開発における業界での経験が豊富です。Ahmadは、24年間さまざまなSoC企業 (Intel、Broadcom、C-Cube Microsystemsなど) で、最先端DDR、超高速SerDes、インタフェース、ESD、品質および信頼性に取り組んできました。

Ahmad S. Mazumderは、ニューヨーク市立大学でVLSI Semiconductor Designの修士号、バングラデシュ工科大学で電気工学の学士号を取得しています。


対象:

高性能SoCの設計および最適化を行うソリューションを模索しているエンジニア、アーキテクト、およびマネージャ