Webinar Banner

ビデオアーカイブのオンデマンド配信

ARM Cortex M3プロセッサ 向けAMBA AHB Subsystemの安全性を確保する方法

配信開始日:

本ウェビナーでは、AMBAベースのハードウェアおよびソフトウェア・システム・デザインの安全性を確保する方法を考察します。 ARM Cortex-M3向けにセキュアなインターコネクト・ファブリックおよびSRAM、 ROM のパラメタライズドな MPU(Memory Protection Unit)を採用したシルバコのセキュアなAHB Subsystemの概要を説明し、市場のローエンド製品より優れている点を示します。

プレゼンタ:

Jim Avantは、シルバコIP部門のSenior Hardware and Software Engineerで、Secure AHB Subsystemを含むデジタル・ソフトIPデザインの主要な設計者です。Jimは、2017年にシルバコに入社する以前、SoC SolutionsにSenior Design Engineerとして勤務していました。また、RTLデジタル・ロジック・デザイン、デジタル信号処理、および組み込みCプログラミングにおいて幅広い経験があります。

Jim Avantは、ジョージア州アトランタにあるジョージア工科大学で電気工学の学士号を取得しています。


対象:

IoT、スマート・センサ、スマート送信機、およびミックスド・シグナル・デバイス向けのセキュアシステムおよびサブシステムの設計および最適化ソリューションを模索しているエンジニア、アーキテクト、マネージャ