ビデオアーカイブのオンデマンド配信

iPDKとGateway Schematic Captureのインテグレーション

配信開始日: 2017年12月9日

本ウェビナーではGatewayツール・フローとiPDKデザイン・キットの統合について考察します。iPDKは、お客様にプロセス・デザイン・キットを公開するにあたり、急速にファウンドリに推奨されるようになってきた手法です。EDAベンダのスケマティック・キャプチャおよびレイアウトにおいて、iPDKへの対応はメジャーな機能になってきています。本ウェビナーではiPDKをGatewayに統合する方法について、現在のiPDKに潜む落とし穴やギャップも含めて紹介いたします。

概要:

  • iPDKの採用における主要課題
  • OpenAccessの統合
    • GatewayにOpenAccessデザインを取り込む
    • デザインをOpenAccessに出力する
  • iPDKをGateway デザイン・フローに統合する
    • GatewayでiPDKの設定ファイルをロードする
    • ワークスペースにiPDKライブラリを追加する
    • iPDKライブラリを設計で使用する
    • iPDKシンボルを使用してネットリストを生成する

プレゼンタ:

Andrew WestはGatewayとSmartView 製品のチーム・リーダです。2012年にシルバコに入社後、Gateway製品チームの一員からGatewayとSmartView製品のチーム・リーダへ昇格しました。シルバコ入社以前は、National SemiconductorsのAdvanced Process Development部門において技術スタッフであり、その後、TIにおいてテスト・チップ開発とプロセスの自動化に従事していました。

スコットランド、グラスゴーのStrathclyde大学でレーザ物理学とオプトエレクトロニクスの学位を取得しています。


対象:

iPDKに対応するスケマティック・キャプチャ・ツールを検討している研究者、技術者、マネージャ