Webinar Banner

ウェビナー

Octalシリアル・フラッシュ・キャッシュを使用したエッジデバイスでのメモリ性能の向上
2018年12月19日 3:00am - 4:00am (日本時間)
本ウェビナでは、代表的なIoTシステム上でマイクロプロセッサ・コードを格納、実行するために利用可能な各種ソリューションについて考察します。性能を損ねることなく消費電力、コスト、複雑さを軽減することは、IoT設計者の役割です。内部RAMを最小限に抑えること、ピン数を削減することが、チップの消費電力を低減するための2つの基本的な方法です。重要な性能指標は、マイクロプロセッサが命令にアクセス、実行できる速度で、この速度はシステム・メモリ・アーキテクチャにかなり依存します。(言語: 英語)