ビデオアーカイブのオンデマンド配信

3DシステムとICのためのパーティショニングおよびDRC

配信開始日: 2015年10月26日 ICとシステムの3Dインテグレーションは、「More than Moore」テクノロジーとアプリケーションのコストスケーリングを向上しますが、異種システムとICの3Dインテグレーションは今後の設計に大きな課題を投げかけます。シルバコは、異種3D IC設計の自動3D空間パーティショニングおよび3D設計ルールチェック(3D DRC)のための2つのプロトタイプ設計ソフトウェアを発表しました。

セミナー概要:

  • 参入障壁:3D ICと異種システムの設計者が直面する問題
  • EDAコンセプト:新しい3D空間パーテショニング・ソフトウェアの理論的根拠、および3D DRCツールとのインテグレーション
  • 設計目標:設計要求に優先順位付けするための制約数式のコンセプト
  • 設計上の矛盾:マルチフィジックス基準の相互最適化
  • スピード:高抽象レベルでの、複雑な直交設計基準の高速シミュレーション
  • 製造可能性:3D空間におけるDRC違反を容易に視覚化・修正する方法
  • ケーススタディ -- 3Dパーティショニング:3Dシステムを構成するブロックに対して最適なパーティショニングと配置設計を行なう方法
  • ケーススタディ-- 3D DRC:3D空間でDRCを実施し、既存ツールを用いて、それに続く配線設計と最終検証を行なう方法

プレゼンター:

Stefano Pettazzi氏はイタリア、パヴィア大学において電気・電子工学の修士号を取得しました。EDAおよびマイクロエレクトロニクス関連企業で15年の経験を有します。2012年より、同氏はシルバコ社でシニア・アプリケーション・エンジニアとして勤務し、バックエンドとフロントエンドEDAソフトウェアを担当してきました。また、欧州連合が資金提供する研究プロジェクトで、シルバコによる3D ICソフトウェア開発の責任者でもあります。